« BRM中部600DNF | トップページ | もちべ〜しょん »

BRM526 中部600 Let's go TSD(往路完走の感想^^;)

もう一ヶ月以上経過していますが,備忘録のつもりで記事を.

結果からいくと往路300km(鳥取)の時点で右膝が限界と判断しDNFしました.
タイムアウトでは無かった事だけが好材料だったかと^^;

ではだらだら長い備忘録へ.

Cimg0181

・スタート地点
やはり600となると皆さんオーラ漂いまくりな印象.準備している時にベテランブルベストの
方に声をかけられる.岐阜のブルベ人口増やさないとね〜とか.
皆さん良い自転車ばかり.羨ましいな〜と思いつつ,中にはMTBやリカンベント等もありま
した.別に車種は自分の好みでいけば良いんだなと実感.

・荷物

今回もフロントバッグの中身はほぼランチボックス状態
おにぎり6個,ジャムを挟んだくるく
るパン14個,携帯補給食(ゼリー,アミノ酸系)たくさん 梅チューブ2本 他には輪行バッ
グと交換用の電池(結局使用せず),迷ったとき用の地図,etc.今回はレインウェアの上だ
けフロントバッグに入れる.

Img00397201205252200

リアのコントアーマグナムには着替え(ジャージ,靴下)ウィンドブレーカー,ノースリーブの
ウィンドブレーカー,携帯電話充電器,タイヤチューブ2本,チェーンピン,コマ,チェーンオ
イル(醤油ケース),シャーミークリーム(ケースに小分け)CO2インフレータ,鼻紙,筆記用
具,細かな補給食,制汗シートetc
荷物を減らした方がいいと言う事は痛感したが,輪行バッグは持って行って正解w

・フロント周り

200300と同様,自作コマ図&なんちゃって衛星ビューワー
ライトは前回同様サランラップ
2重巻き&溝の部分に輪ゴムで対処(閃とsuperfireXXX).IPFライトは防水をうたっている
のでそのまま.

・ウェア
インナーは2XUのノースリーブに半袖ジャージ,2XUのアームカバー,下はパールイズミの
レーパンに2XUのレギンス.日中晴天でしたが日焼け対策でアームカバー,レギンスを選
択.これは良かった.そんなに暑苦しくなかった..
夜に入ってからはモンベルののウィンドブレーカーで対応.もっと寒ければレインウェア投
入予定でしたがDNFにより未使用
頭はバンダナ,アイウェアはBBBのサングラス(黄色)夜用にクリアレンズも一応

・足下まわり
足が楽になるというインソールを貰ったので入れたが,実はこれがDNFの原因だったんじゃ
ないかと後から推察.3〜5mm程の厚みのあるソールで,普段のペダリングと違う状況を
生んでいたのかも.勿論運動不足なのもありますが^^;

・ブレーキ
前回同様Swisstopの緑.Vブレーキ用 特に問題なし


経過(ルート

・スタート〜PC1
スタート直前くらいにちょいメタボさんとハンガーノックンさん,とりっくさんを見かけたが,な
にやら忘れ物なのかわざとなのかw 出発する様子が無く,のんびりペースでスタート.
前回300では時間いっぱい使ってやっとだった事もあり,今回の目標は「完走」
各PCクローズから2時間程度貯金を持った形でペースを維持出来れば上出来という判断
で進む.21号から関ヶ原へ向かう部分が結構登りなのかなと思っていたが思ったほどでは
なく,マイペースで進む.天候も良くサイクリングとしても気持ちいい感じ.
PC1までは特に問題無し

・PC1〜PC2
PC1で補給していると先ほどの3人様がご到着.少し話をして自分はお先に失礼する.お
三方と同時出発しようとするとペースが全然合わないと分かっているのでwマイペースでと
いい聞かせながら・・・
あ〜もうすぐ琵琶湖が近づいてくるんだなと思いながら走っていると,「ど〜も〜^^」の声と
ともにお三方がががが.そしてあっという間に見えなくなったw

Cimg0184_1024

ばびゅーん

琵琶湖の北側から北西部をかすめてPC2へ.途中のトンネルへ登る坂が辛かった.

・PC2〜PC3
PC2にはスタッフさんが.今の状況を聞いた所自分はほぼランタンのような状態.
競争でもないので貯金の時間だけ確認してゆっくり補給.天気も良く気温が上がり止まると
暑いが湿気も無く快適.

PC2を出発してしばらくするとフロント辺りからがたがた音が. 何かなと思っているうちに
自作地図マウントのネジが緩み固定が外れて破壊.急遽止まって確認.コマ図の方は問
題ないので地図は手持ちにしてポイントポイントでジャージポケットから出して確認する事
に変更.

小浜の辺りから海岸線へ.日本海,自転車で来れるんだと実感.
出来ればお昼をどこかでがつんとという野望もあったけど,コンビニに休憩がてら立ち寄っ
て昼食.休んでいた自衛官にガン見されてたのがなんか恥ずかしかった.

Cimg0186_1024

・PC3〜PC4
ここにもスタッフさん どうやらMTBライダーは走行スタッフでビリッケツサポートの様な裏
テーマがあるみたい. ホント申し訳ないです. 自分の後ろにもう一人走っていた様子.
海上自衛隊基地横を通過.あぁ,自衛艦見るの初めてかもしれない.壮観.
ちびちゃんにも見せてやりたいと思いながら内陸部へ向かう.

すると時々右膝に違和感を感じだす.そのうち痛みに変化.
時々楽になるので無理な負荷をかけないようにと考えながらPC4に到着

・PC4〜PC5
PC4で補給,鎮痛ジェルを膝周辺に塗る.
ここからは結構辛かった.踏み込もうとすると痛み,力を抜いてまわしているだけでも痛
む.時間経過としてはぎりぎりペースではないもののこのままではいずれ決断をしなきゃい
かんのかと思いながら進む.
PC5近くになると結構な激痛に.周りも徐々に暗くなり始める頃に復路の参加者が通過し
て行く.早い人は凄いです. 

・PC5〜PC6
PC5到着時はMTBの方ともうお一方が補給を終わらせた頃.時間の貯金はまだ問題無い
程度.一応しんがりの状態把握のためペースを合わせてくださっていたようなので,膝の痛
みも我慢の限界に来ているのでムリと思ったらDNFしますから先に行ってくださいと伝える.
ゆっくり補給をとり鎮痛ジェル,鎮痛剤を内服.相方さんに電話をして現在地を伝え,膝を
痛めている事を伝える.
電話の声を聞いた時に完走に拘るのは止めようと決意.でもその次に出た言葉
「どうせ帰るにも不便だから鳥取まで行ってくるわ」
あわよくば痛みが引いたら続けようという欲求はあった様子^^;

Cimg0191_1024

ループ道路

そこからは我慢大会.登って下って登ってくだって登って下って・・・・
時間に追われている訳でもないので,激痛で我慢出来なくなったら休んではまた乗りの繰
り返し.この時には復路のライダーとたくさんすれ違う. ベルをち〜んってのが無言の挨
拶のようだというのをこの時知った.時には「頑張って〜」「もうすぐだよ〜」という声も.
とても嬉しかった.

もうすぐ砂丘だという所で右に曲がるべき所を直進してミスコース.500mほどオーバーして
戻って砂丘のコースへ.もう夜になってしまっており砂丘を楽しむ余裕も無しw
途中パトカーが2往復くらいしてた.怪しまれていたのか?^^;

そしてPC6へ到着.クローズ時間には余裕はあった.
スタッフさんがいたので「DNFします」と宣言
スタッフさんや他の参加者さんから「時間あるし仮眠とって休んだら痛みが楽になる事もあ
るから休んでみてから考えたら?」と声をかけていただいた.体力的には疲労困憊という事
は無く問題は膝の激痛だけだったので,その声かけがとても嬉しく,本気でチャレンジしよ
うという気もむくむくと湧いてきたが,,,止めた.
無理してもっと大きなトラブルになるのも嫌だったし.

そして今回の挑戦は終了 
PC4位からどうしようか迷いつつ「せめて往路だけでも」という考えで300kmは走ることが出
来た.肉体的な準備不足が一番の原因,二番目(の可能性)としてはインソールを追加し
たのが良くなかったのか.

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


エピローグ

宿を探す^^
鳥取駅前にシャワー付きの漫画喫茶があると教えてもらい探したらあった.酔っ払いの
にーちゃん達に物珍しそうに見られながら輪行バッグに自転車を入れ,漫画喫茶受付へ
と思ったらエレベーターは階段登った2Fから・・・・orz
激痛に耐えて受付の5Fへ 自転車を従業員控え室の一角に置かせてもらえた.
風呂に入ろうと向かった時にはたと気づく....

替えのパンツが無い

とりあえずシャワーを浴びさっぱりした後にレーパンを洗う.
つよ〜く絞った後でまた再装着.冷たいが仕方ない.バスタオルを腰巻きの様にしてリクラ
イニングチェアーに座って仮眠をとる.

始発時間前に目が覚めて鳥取駅へ.チケットを買って岡山から新幹線で名古屋,そして岐
阜へ.  レーパンで輪行に対して何の恥ずかしさもなかったw
相方さんに迎えにきてもらい光明寺公園へ自分の車を取りにいく

スタッフさんに挨拶して今回の旅は終了
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

大人の判断とか言うけれど,自分の体力,準備,もろもろで足りない部分が多々あった結
果の膝の故障だと言う事でしょうか.
相方さんにとっては好きな事にはいつも無茶する自分の性格を良く知っているので,今回
のDNF判断は意外だったようです.ただ却って自転車遊びにちゃんとした姿勢でいるってこ
とが伝わったようで,怪我の功名の部分もたくさんありました.

終わってから一ヶ月少々,ずっと続いていた右膝の痛み・違和感はほぼ無くなりつつありま
すのでもっかい自転車乗り始めようと思います.サドルだったのかインソールだったのか,
脚の筋力不足だったのか,その全てを再確認しながら遊んで行こうと思います.

AR中部のスタッフの皆さんありがとうございました.
526中部に参加された皆さんお疲れさまでした.
相方さん,ちびちゃん,折角の休みを遊びに使わせてもらってありがとう.

ブルベは過酷なスポーツと言われますけど,完走出来なくても楽しかったです.

R0037457

|

« BRM中部600DNF | トップページ | もちべ〜しょん »

BRM」カテゴリの記事

コメント

ヒザは一旦痛み出すと回復する事は無いですからね。。
わたしも前回の400ではヒザ痛に泣かされましたw
それから半年の間、ロードバイクを封印したのが良かったのか、
今では全く痛まない様になりました。。
慌てずに治すほうが良いと思いますよ。

投稿: ユッキン | 2012年7月11日 (水) 16時43分

>ユッキンさん こんにちは
半年封印ですか・・・・ でも今は大丈夫であればいいですよね.
無理を通さず,じっくりゆっくり見て行こうと思います.

投稿: zola | 2012年7月11日 (水) 16時47分

こんにちは。

なんか、やっぱりブルベには一人一人の物語があるもんなんですね^^;。
DNFした時の気持ちや悔しさはまだしたことの無い私には分かりませんが、400で同じ膝痛でDNFしかけた時のあの何とも言えない苦い思い。走りたいけど、、でも、、という気持ち。なんにせよお疲れ様でした。

もし、膝が十分に癒えて、またもう一走り、という話であれば、是非BRM106青葉600 関東一周でお会いしましょう^^。受け付けは9月1日開始なので私はそこにエントリーするつもりです。

ではヽ(´▽`)/

投稿: まっさん | 2012年7月11日 (水) 18時27分

インソールのせいでしょうなぁ。。。
私も先月の400でいきなり新しいペダルに変えて、序盤でいきなりヒザ痛来ましたもの。
なんとか漕ぎ方を変えたり坂をトルクかけずに登ったりしてたら解消されたので
良かったですけど。。。

ブルベでは新しいモノをいきなり試したらダメ、というのが鉄則ですねw

リベンジ期待しますよーww

投稿: ひろ | 2012年7月11日 (水) 23時25分

>まっさん さん こんにちは
青葉600に出られるんですか(゚д゚)! 凄いですね〜
遠征参加は家族や仕事の了解の問題があったり,ゴールした後にそこから帰ってくるという大仕事もあるので
今の所はちょっと引き気味に考えています^^;
今年のブルベで中部名古屋が同日開催が多かったのがちょっと残念でした.

でもまあ体力の調子を見ながら考えて行こうと思います^^

投稿: zola | 2012年7月12日 (木) 09時48分

>ひろさん こんにちは
確定ではないんですが,かなり怪しいかなとは思っています>インソール
でもサドルの位置とかもろもろ,自分のロングライドに合ったポジションが出せれば最高なんですけどね・・・・

リベンジは・・・・・・ どうでしょうね?^^;

投稿: zola | 2012年7月12日 (木) 09時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/572112/55172269

この記事へのトラックバック一覧です: BRM526 中部600 Let's go TSD(往路完走の感想^^;):

« BRM中部600DNF | トップページ | もちべ〜しょん »